7

水槽の準備(立ち上げ)が済んだら、いよいよ金魚を水槽に入れます。ただしいきなり金魚を水槽の中に泳がせてしまうのは禁物ですよ~!!

金魚は基本的に丈夫な魚ですが、急激に水温が変わったり、水の環境が変わったりすると、たちまち弱ってしまって死んでしまうことがあります。
 
新しい水槽にいきなり金魚を入れるのではなく「水あわせ」という方法をとることで、安全に金魚を新しい水槽に泳がせてやることができます。

スポンサーリンク



水合わせって何?

それぞれの水槽によって、水質など環境は違います。ちょっとした変化でも金魚にとっては大きな負担になります。その負担を減らすために行うのが水合わせです。

これまで金魚が住んでいた水と、これから金魚を入れる水の水質をゆっくり近づけていきます。

こうすることで、金魚に大きな負担をかけることなく新しい環境になれさせてやることができます。

水合わせの手順

①水を循環させる

水槽を立ち上げたら、1週間~2週間ほどろ過装置を動かしたまま水を循環させておきます。この期間に、自然とバクテリアが発生して水質が安定してきます。

②金魚が入った袋を浮かべる

手順①の水槽に、金魚が入ったビニール袋を袋ごと浮かべます。(このとき袋の中の水が水槽に入らないように注意!)30分~1時間ほどそのまま浮かべておくと、水槽と金魚の袋の中の水温が同じくらいになってきます。

③水槽の水に金魚を慣れさせていく

袋の水を少し捨て、捨てた水の量と同じくらいの量の水槽の水を少し入れます。これを10分置きくらいに2~3回繰り返して行います。袋の水をバケツなどの容器に移して行っても◎。

この作業は、急激な水質の変化を起こさせないようにして、徐々に家の水槽の水に金魚を慣らすためです。

④金魚を水槽に移す

金魚だけを水槽に移します。お店から金魚を入れてきた袋の水は痛んでいる可能性もあります。万が一病気などがあっては大変なので、できるだけ入れないようにします。

⑤エサは数日あげない

金魚は新しい環境になれるまでに時間がかかります。この間は体に負担がかかりやすいのでエサはあげないようにします。(3日~1週間)

もしすでに飼っている金魚がいたら・・・

もしすでに金魚を飼っていて、そこに新しい金魚を入れる場合には、別の容器で1週間ほど様子(弱っていないか、病気ではないか)を見てからにします。これをトリートメントといいます。

もし病気が見つかった場合には、薬を使ったりしながら処置をしましょう。

スポンサーリンク

関連記事: