2

金魚を飼うためには、いくつか用意したい道具があります。真っ先に考えたいのは、どんな容器で金魚を飼うかということ。

実は金魚鉢のような小さな容器で金魚を飼うのは、水質が安定しないため難易度の高い飼育方法。初めて金魚を飼うのであれば、まずは普通の水槽を準備して飼う方法がおすすめ。

このページでは水槽で飼うことを考えたときに必要な道具を紹介しています。

スポンサーリンク

必ず用意したい道具

水槽

水槽は、素材も大きさもデザインも色々なものがあります。それぞれによって長所と短所もあります。

これから毎日お世話をするために欠かせない用品です。金魚が成長しても住めるように先のことも考えながら、サイズや素材を選びます。


エアレーション

エアレーションは、水の中に酸素を送る装置。

金魚は水中に溶け込んだ酸素をエラから取り入れて呼吸しています。水中の酸素量が少ないと、水面近くに上がって口をパクパクさせます(鼻上げ)。

この状態が続くと金魚が弱っていきます。水中の酸素の量は水面近くの水のほうが多いので、エアレーションを使って水槽全体に酸素を送るようにします。

ろ過装置・フィルター

水槽の中は金魚のフンやエサの食べ残しなどで水が汚れています。そのため毎日水換えをする必要がありますが、実際には無理があります。金魚にも負担がかかりますね。

そこで水槽内の汚れた水を循環させて、水中の汚れをろ過してくれる、ろ過装置をつけると水換えの回数も減らすことができ水中もきれいになります。その仕組みがエアレーションの役割を果たすろ過装置もあります。

カルキ抜き

水道水の中に含まれる塩素を中和する薬剤です。金魚を飼う水は必ずカルキ抜きしてから使います。

エサ

金魚のエサには、粉末状、フレーク状、ペレット状のものや、赤虫といった天然飼料などの種類もあります。金魚の種類によってエサのタイプを変えます。

エサのあげすぎは食べ残して水質が悪化する原因になるので、少しずつを心がけます。

金魚の環境を整えるためのグッズ(あってもなくてもかまわない用品)

蛍光灯

金魚や水草をきれいにみせてくれます。金魚を室内で買う場合には直射日光は水温の差が大きく変化してしまうので避けます。その代わりに蛍光灯で金魚に昼夜のリズムをつけさせたり、水草の成長を促します。

ヒーター、サーモスタット

水温が下がる季節にヒーターやサーモスタットを使います。水温を管理することで、金魚が快適に過ごすことができます。ヒーターは水を温める道具、サーモスタットは水温が上がり過ぎないように自動で管理してくれる機械です。

【ヒーター】

【サーモスタット】

水草

水草は、金魚が出す炭酸ガスを吸収して酸素を出してくれる役割があります。ただし入れすぎると夜中に水槽の中の空気を奪ってしまうことも。入れすぎに注意。

金魚が食べる水草もあるので、長期間エサやりができない時にも便利。

砂利

砂利には色々な種類があり、水槽内を華やかにしてくれたり、自然の環境に近づけて金魚が落ち着けるというメリットも。またろ過機能のある砂利も多くあるので、上手に活用するのがいいですね。

アクセサリー類

アクセサリー類には、バックスクリーン、流木、石、置物などがあります。必ずしも用意する必要はありませんが、見た目のよさだけではなく、金魚が落ち着ける環境を作ることもできます。

水槽用に売られているものを購入して、使う前にはしっかりと洗ってから使います。

掃除グッズ

金魚のお世話に欠かせないのが、水換えと水槽のお掃除。水槽のお掃除グッズを用意すると、掃除や水換えが楽になります。

バケツ、たらい

金魚を飼う時の必需品。水換えに、水の汲み置きに、砂利の掃除に、金魚を一時水槽から離すときになど、目的は多くあります。

水換え用ポンプ

水槽の水をバケツなどで何度も汲み出すのは大変な作業です。水換え用ポンプなら、簡単に水槽の水を吸い出してくれます。水槽の水換えには必需品です。

ネット

金魚のフンや食べ残したエサをすくい出したり、金魚を移動させるときにも使います。

コケ取り

水槽の内側についたコケを掃除するときに便利なグッズ。

スポンサーリンク


関連記事: