金魚の飼い方、育て方、病気について。また金魚に必要な水槽やエサ、水草などについても紹介しています。

金魚の体に白い点々が出たときの対処法(白点病)

  • HOME »
  • 金魚の体に白い点々が出たときの対処法(白点病)

金魚の体にポツポツと白い点のようなものがついていたら、もしかしたらそれは白点病かもしれません。

白点病は、水質が悪いと発生しやすいのでいつも水をキレイな状態にしておくことが1番の予防になります。

ここでは、白点病になってしまった金魚の対処法、治療法を紹介しています。

スポンサードリンク

白点病

症状

『金魚の風邪』といわれるくらい、金魚にもっとも多い病気。金魚の体の表面やヒレに白い点がポツポツとできます。放っておくと全身に広がります

初期の頃は、水槽や水草に体をこすりつけたりします。重症になると全身が白い膜でおおわれたようになり、次第に衰弱して死んでしまうことがあります。

エラにこの病気が発生すると、エラが癒着してしまって窒息してしまうこともあります。

原因・予防法

白点病は、白点虫という寄生虫が原因。白点虫は金魚の体で成長し、その後いったん離れて水槽内で胞のうを作りそのなかで子を分裂させてどんどん増えていきます。そしてまた子の白点虫が金魚にくっつきて成長するを繰り返します。白い点は金魚の細胞が白点虫を取り除こうと表れたもの。

春、梅雨時、秋など水温の変わり目にこの病気にかかることが多いです。水質が悪化するとかかりいやすいので、水換えをして水をキレイに保つことが予防法といえます。

治療法

白点病はほかの金魚にもうつるので、白点病にかかった金魚は別の容器に移動させて薬浴します。

水温が15度前後のときに発生しやすいので、水槽用のヒーターがあれば水温を25度~30度くらい上げるのが理想。(水温を高くすることとで、繁殖のスピードがあがり、金魚の体から白点虫の親が金魚から離れるのが早くなる→生まれた白点病の子は薬浴で死滅)

まず0.5%の食塩水浴で様子を見ます。食塩浴は、金魚の体力を回復させてくれる効果もあり、初期であれば食塩浴だけで病気が治ることもあります。

数日経って症状が悪化しているようであれば、メチレンブルーまたはグリーンやニューグリーンFなどの市販の薬で薬浴させます。

白点病は1週間程度をサイクルに繁殖を繰り返します。治療は1週間以上続けるようにします。

また、使用していた水槽やアクセサリ類は1度日光消毒して完全に白点病を死滅させるようにします。

白点病に使う市販の治療薬

メチレンブルー


動物用医薬品 魚病薬 メチレンブルー水溶液 200mL(1.5トン用) 熱帯魚 金魚 薬【HLS_DU】 関東当日便

>>楽天市場で見る 
>>Amazonで見る 
>>チャーム本店で見る
icon

ニューグリーン


動物用医薬品 魚病薬 ニューグリーンF 15g(5g×3) 熱帯魚 金魚 薬 関東当日便

>>楽天市場で見る
>>Amazonで見る
>>チャーム本店で見る
icon

治療薬を使う際の注意

reten01-010

薬をろ過してしまうため、ろ過装置は止める
ろ過装置の素材によっては、薬をろ過しないものもあります。

reten01-010

水草を入れない
薬によって枯れてしまいます。

reten01-010

エサは2~3粒与えてもよい
よく薬浴中は絶食といいますが、これは水質を悪化させないため。金魚自体は弱っているので、水質の管理が鹿野であれば1分ほどで食べきれる量(2~3粒)のエサは体力をつけるために与えてもいい。



スポンサードリンク

関連記事

PAGETOP
Copyright © 金魚の飼い方 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.