7月11日(金)からはじまった、アートアクアリウム日本橋2014。
さっそく行ってきました。

IMG_3702

オープン直後の日曜日ということもあって、混雑しているのは覚悟で行きました。
現地に到着したのがちょうどお昼12時くらいでしたが、行ったときにはすでに入場制限がかかっていて、入場するまで60分待ちという状況でした。

入場するまで60分となっていましたが、実際にはそこまでは待った感覚はありませんでした。

しかし、かなりのにぎわい。

並んでいる列を見る人も、「何?この行列?あー、金魚だよ!」と、アートアクアリウムの知名度も少しずつ上がってきているのを感じました。

優待券や日時指定券を持っていれば、この列に並ばずにすぐに会場へ行けるようです。
日時指定券は、チケットの料金が倍になるみたいですが・・・^^;

アートアクアリウムをぜひ見たいけど、並ぶのは絶対にイヤだ!と思う方は、日時指定券の購入をおすすめします。

また、前売り券、当日券の方は地下1階で並んでます。そこで並んで整理券のようなカードを渡されて、会場スタッフの誘導でエスカレーターで会場まで上がっていくという感じになっています。

当日券も購入できますが、セブンイレブンでも購入できるのであらかじめ買ってから会場へ来るほうが、多少待ち時間は軽減されるのではないかな?と思います。

アートアクアリウムの作品

IMG_3716
【ボンボリウム】

IMG_3719
【金魚品評】

IMG_3747
【華魚撩乱】

IMG_3752
【大奥】

IMG_3784
【パラッドクスリウム】新作

IMG_3774
【リフレクトリウム】新作

IMG_3789
【金魚コレクション】



ここに紹介しきれない金魚たちがたくさんいます。

私も昨年は写真でしか見ることができず、次こそは!と思っていたのですが、アートアクアリウムのすばらしさは実際に会場に行かないとわからないですね。

これだけの変形した水槽、そして5000匹もの金魚。

イベント開催中は、栄養価の高いエサと水の浄化装置、そして専門スタッフの厳重な水槽管理が行われているそうです。すばらしいですね!

ただ、浴をいえば・・・
金魚コレクションのところに関しては、金魚の種類がわからないまま見ていた部分もあったので、どこかに金魚の種類がわかるようなパネルでもあればよかったなーと思いましたが。

とはいえアートアクアリウムは、そのままアートですからね。

金魚の種類がわからなくても、それを見て何か感じることができればいいのかもしれませんね。

一通り写真を撮ってきたので、自分でこの金魚の種類は・・・と勉強してみたいと思います。



『ECO EDO 日本橋アートアクアリウム2014』
開催期間2014年7月11日~9月23日
COREDO室町 日本橋三井ホール4F

『ECO EDO 日本橋アートアクアリウム2014』詳細はこちらから。

来週から小学校や幼稚園は夏休みに入るところが多いので、7月14日~18日あたりが期間中1番ゆっくり見ることができる時期かもしれません。夏休み中の土日、終了間際はかなり混雑すると思われます。

フラッシュ撮影、動画撮影はNGですが、撮影は可能なのでカメラを忘れずに持っていきましょう。



スポンサードリンク

関連記事: