金魚の飼い方、育て方、病気について。また金魚に必要な水槽やエサ、水草などについても紹介しています。

金魚の体の色と模様の種類

  • HOME »
  • 金魚の体の色と模様の種類

金魚には、和金のような赤から、出目金によく見る黒、鯉のような模様をもった朱文金などがいます。

金魚の品種も多いことから、金魚の色の種類もいろいろ。同じ色でも色の入り方によって模様もかわってくるのが、金魚を飼育するおもしろいポイントです。

その色の呼び名や特徴をおさえておくと、また違った金魚の楽しみかたが出来ると思うので、ぜひ覚えてみてくださいね。

金魚の色の種類

素赤(すあか)

金魚の体が赤一色で、尾の先だけ白みがかっているもの。

更紗(さらさ)

赤と白の混じった模様。赤が多いと赤更紗、白が多いと白更紗という。

背赤

更紗の中でも、背中が赤い金魚のこと

腹模様

更紗の中でも、お腹が赤い金魚のこと

キャリコ、三色

赤、青(浅葱色:あさぎいろ)、黒の三色が混じった模様。

丹頂(たんちょう)

金魚の体全体は白く、頭の部分だけ赤い。

紅頭(べにがしら)

金魚の体は白く、頭全体が赤いもの。

六鱗(ろくりん)

金魚の体全体は白、口先、エラぶた、それぞれのヒレが赤いもの。

桜色

赤白藍黒の雑色の体から、藍色、黒を抜いて残った赤と白の透明鱗が、ところどころ桜のような淡いピンク色に見えるもの。



ほかにも、金魚にはさまざまな色が存在します。茶色の茶金、青色の青文魚、白と黒のものはパンダなどといわれます。また色素を持たないアルビノというものも。

常に品種改良も重ねられ、新しい種の金魚が誕生しています。



スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © 金魚の飼い方 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.